琉球大学COI-NEXTサステイナブル陸上養殖拠点

資源循環型共生社会に向けた
農水一体型サステイナブル陸上養殖のグローバル拠点形成事業

VISION

「資源循環がもたらすサステイナブルな
共生社会の実現」

持続可能社会が世界的課題となっています。しかし、資源・環境制約と経済を両立することは容易ではなく、社会モデルの転換が必要です。
琉球大学はその解決策として、沖縄をベースに「食」と「エネルギー」の循環社会モデルの形成を目指します。その基本的な考え方は、個別問題の最適化ではなく、複数の問題を相互に連携し、包括的に解決する全体最適化である必要があります。
主な要素技術の、「閉鎖循環型陸上養殖」「再生可能エネルギー」「廃棄食料の資源化」等をデジタル技術で連携し、最適な循環社会の実現を目標としています。そして沖縄だけでなく、東南アジアの循環社会モデルとなることを目指しています。

SOLUTION

本プロジェクトを通して解決を目指す課題

  • 人口増に伴う
    食糧調達困難

    2040年にはタンパク質需要が1.5倍になり「プロテイン危機」になる可能性。

    イメージ1

  • エネルギー
    持続可能性不十分

    日本の再生可能エネルギーは6.9%「温室効果ガスの排出を全体としてゼロ」とのギャップが大きい。

    イメージ2

  • 食料廃棄の
    弊害が深刻化

    世界で食糧生産の1/3にあたる約13億トン分の食品が捨てられている。

    イメージ3

  • 担い手不足で
    漁業経営が困難

    平均年齢は56.9歳で、漁業就業人口が今後10年間で33%減少の予測。

    イメージ4

DEPARTMENT

本プロジェクトを成功に導く4つの部門

  • マリンサイエンス
    部門

    無駄を省いた海洋生物の生産技術の開発を行う。

    部門の詳細

  • 養殖システム
    開発部門

    安定的かつ高効率な閉鎖循環型の陸上養殖システムの研究開発を行う。

    部門の詳細

  • サステイナブル
    エネルギー部門

    再生可能エネルギー100%による電源供給を行う。

    部門の詳細

  • ビジネス社会
    実装部門

    サステイナブル陸上養殖システムの社会実装を行う。

    部門の詳細

Relation

関連するSDGs

  • SDG2飢餓をゼロに
  • SDG7エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • SDG8働きがいも経済成長も
  • SDG12つくる責任つかう責任
  • SDG14海の豊かさを守ろう
  • 飢餓をゼロに
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • つくる責任 つかう責任
  • 海の豊かさを守ろう
  • SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
  • SDGs